プロフィール

土橋 創 / Sou Dobashi 1984年10月31日生

山梨県出身。甲府湯田高等学校(現:甲斐清和高等学校)音楽科第七期生(男子一期生)として卒業。武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。武蔵野音楽大学大学院声楽専攻修了。声楽を亀井陽二氏に師事。
大学院在学中、第7回やまなし県民文化祭・第4回山梨県民オペラ「ヘンゼルとグレーテル」のペーター役でオペラデビュー。第22回友愛ドイツ歌曲(リート)コンクール入選。翌年の第23回では聴衆者賞と日本歌曲賞をW受賞。
これまで、地元山梨県の他に東日本を中心に、数多くのコンサートに出演。 地元山梨では、個人の演奏会の他に、ミュージカル「シンデレラ~ねずみたちのプリンセス~」・音楽劇「ヴェニスの商人」に出演し、歌声と演技共に大変好評を得る。
歌のジャンルは特に問わず、クラシック音楽の他に童謡や唱歌、演歌・歌謡曲など、オールマイティに歌を届けている。大学院修了後、介護関連会社に新卒で就職し、ヘルパー2級の資格を取得。介護施設などの演奏経験数は1800回を超え、現在も経験数を増やしている。(株)高齢者住宅新聞社より取材を受け、「週刊高齢者住宅新聞(2016年11月26日第422号)」にて「バリトン歌手が音楽療法」の特集が組まれる。これまでの経験を活かし、独自の音楽療法・資格を開発中。
小田急トラベル「バリトン歌手がバスに同乗!!本格フレンチ&ミニコンサート」の土橋創と行く音楽バスツアーもこれまで10回実施。
作曲家:故・大中恩氏
(「サッちゃん」や「犬のおまわりさん」等作曲)より、「土橋は、《畑中良輔》以来のバリトン歌手」と評される。
訪問演奏の「Youth音楽室」「So-Tomo」の各主要メンバー。国際ライブインタラクション研究所認定講師。


音楽活動の他に、ウグイス(男性の場合“カラス”)などの“声”の依頼も増えている。

土橋 創 ~主な活動~

・バリトン歌手

・国際ライブインタラクション認定講師

・パーカショニスト(あくまでも自称)

・ボイストレーナー

・ウグイス(男性の場合“カラス”)

趣味・特技

・ツーリング

・ドライブ

・料理

・動画撮影&編集

・映画鑑賞

・音楽鑑賞

・広告などのチラシのデザイン

© 2015 土橋 創